施術のご案内

可動域チェック

可動域チェック

 下肢の関節(趾・足首・下腿・膝・股)、上肢の関節(指・手首・前腕・肘・肩)、脊柱(腰椎・胸椎・頸椎)、胸郭(肋骨・肩胛骨・鎖骨)などが正常な可動域を動くことができているかを細かくチェックし、可動制限があれば適切な方法で修正します。

筋力チェック

筋力チェック

 症状や可動性の減少と関連する筋肉から、問題を起こしている筋肉を特定するために筋力のロック状態をチェックします。ロックできない筋肉は、神経系や機能系などの原因を特定してから適切な方法で調整します。