ハムスト痛

症状とメカニズム

ジャンプやサイドステップの多いバレーボールでは、ハムストリングス(太ももの後ろの筋肉)の損傷の頻度が高いようです。また、損傷のひどいものだと肉離れ・筋断裂になることもあります。 原因としては練習(特にジャンプ)のやりすぎからくるオーバーユースが考えられています。

一般的な治療

炎症を引かせるためにアイシング・包帯・テーピング等による固定、運動の休止や制限、緊張している部位のマッサージ・ストレッチ・電気・温熱治療などが行われています。ひどいものは手術の適応になる場合もあるようです。

当院の見解と取り組み

ジャンプ・ランニング・サイドステップなどの動きの中で下肢帯(下半身)の筋肉・関節の中で、足首やふくらはぎの筋肉や関節が固くて動かしにくい、股関節の動きが固い、殿筋(お尻の筋肉)の柔軟性が低いなどの理由でそれぞれの使えてない部位の代償運動をハムストで行った結果がハムスト自体の過労や損傷につながります。

当院では損傷の起こっているハムストリングスに対しての直接的な施術だけでなく、ハムストリングスの働きに影響の深い下肢帯(股関節・膝関節・足関節・足の趾の関節・アーチ)の関節の正常な動き(可動性)や筋肉・筋膜の正しい使い方ができているかどうか、また正しく使えていない部分の代償がどのようにハムストリングスに影響を与えているかを出来るだけ細かく分析し、それぞれの関節や繊維に対して適切な施術を行うことでハムストリングスへの影響を出来るだけ軽減(全くないようにすることが望ましい)することを目指しています。


足首痛(捻挫) 膝痛(ジャンパー膝) 腰痛 突き指
肩痛(亜脱臼) 頚部痛 背部痛 アキレス腱炎(断裂)