手首痛(腱鞘炎)

症状とメカニズム

ラケットを強く握りしめた状態での手首を返すような動作の反復によって、手首の関節で腱鞘(筋肉の腱を包んでいる筒状のもの)の部分で炎症や狭窄がおこり、筋肉の腱が腱鞘の中での動きをスムーズに行えなくなった状態でさらに競技を続けることでさらに炎症がひどくなり状況が悪化していきます。

一般的な治療

テニスを中止し局所の安静が基本となります。アイシングや消炎鎮痛剤の塗り薬や湿布などを用いて痛みを和らげる処置が行われますが、症状が強い場合は、テーピングや副子で固定し、日常生活でもできるだけ使わないようにします。

当院の見解と取り組み

手首に負担がかかるのは、肩→肘→手首の軸のズレやそれぞれの関節の可動制限、周囲の軟部組織(筋膜・筋肉・靭帯など)の繊維の乱れや癒着・瘢痕形成などにより、それぞれの関節の連動性が上手くいかなくなることでスムーズな動きができなくなり、手打ちで無理やり合わせてくることになり手首の関節周囲に過剰な負担を与えてしまうのです。

当院では体幹の回旋運動に影響の深い下肢帯(股関節・膝関節・足関節・足の趾の関節・アーチ)や腕の振りに関係の深い上肢帯(肩関節・肩甲骨・肘関節・前腕・手首・肋骨・胸椎)の関節の正常な動き(可動性)や筋肉・筋膜の正しい使い方ができているかどうか、また正しく使えていない部分の代償がどのように手首周囲の動きに影響を与えているかを出来るだけ細かく分析し、それぞれの関節や繊維に対して適切な施術を行うことで手首への影響を出来るだけ軽減(全くないようにすることが望ましい)することを目指しています。


肩痛 肘痛(テニス肘) 足首痛(捻挫) アキレス腱炎(断裂)
ふくらはぎ痛(肉離れ) 膝痛(靭帯損傷) 腰痛(椎間板ヘルニア)