肘痛(テニス肘)

症状とメカニズム

サーブやストロークによる筋・腱への過大な反復負荷が主な成因です。筋力や筋柔軟性の低下、練習量の過多、技術の未熟さ、ラケットの問題など多くの要素が作用し合い障害を起こり易くしているようです。筋腱起始部(筋肉が骨に付くところ)の炎症で、外側側の痛みは、バックハンドストローク時に起こりやすいようです。

一般的な治療

炎症部分にアイシングを行い、競技自体を制限(安静)します。また、手首や肩関節周囲の筋肉をほぐすマッサージやストレッチングを行うこともあります。

当院の見解と取り組み

足の踏み込みや、腰の回転で生み出されたエネルギーが肩甲骨→肩→肘→前腕へと順次伝達され、ラケットに伝えられて、パワフルで速いラケットスイングが達成されます。正しい運動軸での連動した動きができてないと、タイミングのズレを手打ちやくい込まれた打法で無理やりボールインパクトにあわせてしまうことで負担がかかります。

当院では体幹(胴まわり)の回旋運動腰の動きに影響の深い下肢帯(股関節・膝関節・足関節・足の趾の関節・アーチ)や上肢帯(肩関節・肩甲骨・肋骨・胸椎)の関節の正常な動き(可動性)や筋肉・筋膜の正しい使い方ができているかどうか、また正しく使えていない部分の代償がどのように腕の振り方に影響を与えているかを出来るだけ細かく分析し、それぞれの関節や繊維に対して適切な施術を行うことで肘の関節への影響を出来るだけ軽減(全くないようにすることが望ましい)することを目指しています。


肩痛 手首痛(腱鞘炎) 足首痛(捻挫) アキレス腱炎(断裂)
ふくらはぎ痛(肉離れ) 膝痛(靭帯損傷) 腰痛(椎間板ヘルニア)