膝痛(ジャンパー膝)

症状とメカニズム

ジャンパー膝は、頻繁にジャンプするスポーツを骨が成長した後の中学生や高校生の時期に行うことで多くみられます。 ジャンプを繰り返して行うことで膝蓋骨上下、脛骨粗面に炎症が起こり、ひどくなると日常生活でも膝を曲げるだけで痛みだしたりします。
成長期においては成長痛(オスグッド・ラッセン)と診断される事もあります。

一般的な治療

オスグットと同じような発症機序なので、同じようにアイシング、固定および運動の制限などの処置を行うことが多いようですが、運動を再開すると痛みが再発することも同様に多いようです。

当院の見解と取り組み

オスグッドと同様のメカニズムで発症に至るのですが、骨が成長する段階では筋肉の付着部の骨(成長線付近)に負荷がかかることで「オスグッド」に、成長がほぼ終わった段階からは筋肉そのものに負荷がかかるために「ジャンパー膝」になるようです。

関節の運動軸にズレや歪みがあったり、筋肉に過剰な緊張がある状態で激しく運動することにより、膝に近い筋肉の繊維に引き剥がされるような負荷が反復してかかることになり発症しているのです。

院では膝の動きに影響の深い下肢帯(股関節・膝関節・足関節・足の趾の関節・アーチ)の関節の正常な動き(可動性)や筋肉・筋膜の正しい使い方ができているかどうか、また正しく使えていない部分の代償がどのように膝の動きに影響を与えているかを出来るだけ細かく分析し、それぞれの関節や繊維に対して適切な施術を行うことで膝の動きと周囲の筋肉への影響を出来るだけ軽減(全くないようにすることが望ましい)することにより、症状の軽減および再発を防ぐことを目指しています。


膝痛(靭帯損傷) オスグッド 足首痛(捻挫) ハムスト痛(肉離れ)
ふくらはぎ痛(肉離れ) 腰痛(ヘルニア・分離症) 股関節痛 足底腱膜炎