ハムスト痛(肉離れ)

症状とメカニズム

ハムストリングは太腿の裏側にある筋肉で股関節を伸ばす動きや膝関節を曲げる動きに必要な筋肉群です。膝から下の動きに対して急激な動きを制御するブレーキ的な役割をしています。
急に走りだした瞬間などの筋肉が強い力で収縮した瞬間に発症することが多いようです。

一般的な治療

一般的には患部のアイシング及び包帯・テーピング等による固定、運動の休止・制限・他の緊張している筋肉をマッサージによるほぐし、血流を上げて治癒を促進する為、電気治療、他の筋肉に対するストレッチングをします。状態が悪い場合に病院等では手術の適応になる場合もあります。

当院の見解と取り組み

ハムストリングの肉離れはハムストリングスの筋肉、筋膜などが正しく機能してない状態の時に、大腿の前面にある大腿の屈曲筋群の強大な収縮力に引き伸ばされて発症することが多いようです。
大腿の屈曲筋群の緊張を緩め、ハムストリングスが正常に働く状態に調整することにより、ハムストリングが無理に引き伸ばされることがなくなり早期の回復と再受傷の予防に繋がります。

多くの場合、たまたま受傷時の使い方が悪かった事だけが原因になるのではなく、本来の筋肉の繊維の走行とは違った方向に使われるような間違った運動パターンを繰り返していることが根底にあるようです。
そのため、受傷時に筋肉や筋膜繊維の配列は乱れた状態のままに修復されてしまい、瘢痕(傷跡)を大きく残すことになります。この瘢痕(傷跡が硬くなった状態)が後々に様々な運動パフォーマンスの低下につながります。

筋・筋膜に対する急性損傷に対してはもちろんですが、すでに過去の損傷でできてしまった瘢痕組織に対しても適切な手技による施術を施すことで組織自体の柔軟性をとりもどすことで、本来の運動パフォーマンスを取り戻すことにつながります。


膝痛(靭帯損傷) オスグッド 膝痛(ジャンパー膝) 足首痛(捻挫)
ふくらはぎ痛(肉離れ) 腰痛(ヘルニア・分離症) 股関節痛 足底腱膜炎