椎間板ヘルニア

症状とメカニズム

椎間板とは背骨の間にあり背骨にかかるショックを吸収するクッションの機能を持ちます その椎間板に急激な負荷がかかったり慢性的な不良姿勢で負担がかかり中身よりジェル状の髄核が膨張したり飛び出した状態を椎間板ヘルニアといいます。
椎間板ヘルニアになると脊髄神経に触れることになり主に下肢のしびれや痛み・疼きが起こります。

一般的な治療

痛みがでている神経の周辺に対するブロック注射や腰部のけん引、しびれのでている下肢のマッサージなどが行われますが、状況が悪い場合には手術をすることもあります。

当院の見解と取り組み

腰の痛みの原因が全て腰にあるわけではなく、周りの関節の可動制限やアライメントの異常が腰部に代償作用を強い、それが長期化することで椎間板の繊維に亀裂を生みだし、中身の髄核が飛び出してしまいます。

ヘルニアの部分だけにとらわれて、周囲の関節や筋肉などの問題に目を向けなければ、たとえ鎮痛剤や湿布などの作用や安静により一時的に腰痛が緩和されたとしても競技を再開すればまた同じように間違ったパターンでの運動を繰り返すことになり腰痛を再発させてしまいます。

当院では腰の動きに影響の深い下肢帯(股関節・膝関節・足関節・足の趾の関節・アーチ)や上肢帯(肩関節・肩甲骨・肋骨・胸椎)の関節の正常な動き(可動性)や筋肉・筋膜の正しい使い方ができているかどうか、また正しく使えていない部分の代償がどのように腰に影響を与えているかを出来るだけ細かく分析し、それぞれの関節や繊維に対して適切な施術を行うことで腰部への影響を出来るだけ軽減(全くないようにすることが望ましい)することを目指しています。


腰痛(坐骨神経痛) 股関節痛 膝痛(靭帯損傷) 肩痛
頚部痛 肘痛 手首痛(腱鞘炎) 足首痛(捻挫)