背部痛

症状とメカニズム

ピッチャーやその他の野手でも投球時、及びバッティング時に背中の痛みが発症するもので、過度の投球によるもの、過度のバッティング練習によるものと思われがちですが、正しくない投球フォームやバッティングフォーム、また体幹の筋肉や関節の柔軟性が失われた状態で練習を繰り返すことにより背部の負担が増加し痛みを出すようです。腰痛や頚部痛を伴うものも多いようです。

一般的な治療

背部筋に対するマッサージ及びストレッチングによる筋緊張の緩和・炎症部位に対するアイシング・漸時的な運動制限、正しいフォームの指導などが行われているようです。

当院の見解と取り組み

背部の筋肉に対して「痛みを緩和するための施術」を行ったことで一時的に症状が治まっても、野球ルを再開すればまた同じ事の繰り返しになってしまいます。

当院では背中の動きに影響の深い下肢帯(股関節・膝関節・足関節・足の趾の関節・アーチ)や上肢帯(肩関節・肩甲骨・肋骨・胸椎)の関節の正常な動き(可動性)や筋肉・筋膜の正しい使い方ができているかどうか、また正しく使えていない部分の代償がどのように背中に影響を与えているかを出来るだけ細かく分析し、それぞれの関節や繊維に対して適切な施術を行うことで背中への影響を出来るだけ軽減(全くないようにすることが望ましい)することを目指しています。


肘痛(野球肘) インピンジメント症候群 上腕二頭筋長頭炎 ふくらはぎ痛(肉離れ)
足首痛(捻挫) つき指 手首痛(腱鞘炎) 腰痛