肩痛(インピンジメント症候群)

症状とメカニズム

 衝突症候群ともいわれ、肩関節包内で肩甲骨の肩峰と上腕骨がぶつかって、腱とその周りの組織との間で何度も衝突・摩擦がくり返されることにより発症します。間違ったフォームや、過度の反復練習などで上腕骨上部・前部に痛みがでてきて、腕を引き上げた時(内旋時)に可動制限が起こります。

一般的な治療

炎症を伴う痛みにはRICE処置をし、腕を上げないように使用制限をして安静を保ちます。筋拘縮予防のためにマッサージを行います。

*RICEとは:Rest(安静)、Ice(アイス)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上)と応急処置時に必要な4つの処置の頭文字をとりRICE処置と呼びます。

当院の見解と取り組み

関節包のなかで衝突が起こるのは間違ったフォームを反復するからなのですが、フォームが悪くなるのにも原因があります。過去の損傷の修復過程で筋肉・靭帯の線維が本来とは違う配列に修復されていたり、瘢痕組織(しこりの様に固くなった部分)などが形成されることで本来の動きを出来ないようにしています。その結果、代償性の動きを続けることになり新たな損傷や問題を引き起こすことになるのです。

正しいフォームを取り戻すためには、まずは軟部組織(筋肉・靭帯・筋膜など)の繊維の乱れや瘢痕などの修正をきちんと行うことで関節のアライメントを正しい状態に戻す必要があります。

また、フォームの改善や修正に必要な「固有受容器の活性化」「運動神経の促通」「運動制御」などに必要な施術や指導を行い、「正しい運動パターンを再学習させるためのプログラム」を行うことで本来の関節の正しい動きを取り戻すことにつなげていきます。


肘痛(上腕骨外側上顆炎) 手首痛(腱鞘炎・疲労骨折) 足底腱膜炎 足首痛(捻挫)
アキレス腱炎(断裂) ふくらはぎ痛(肉離れ) 膝(靭帯損傷) 腰痛(椎間板ヘルニア)