アキレス腱炎(断裂)

症状とメカニズム

 バトミントンではバックステップから切り返す動きの中で打ち込む動作に入るため、他のスポーツに比べてアキレス腱の急激な収縮・伸張を繰り返し、強い緊張と牽引性ストレスを与えています。
本来は下腿筋及びアキレス腱が、その動きについていき、時には動きに制限をかけて損傷を防御していますが、過度の運動の反復などによりアキレス腱を痛めることがあるようです。
軽度の場合は炎症が起き、歩行が困難になるようですが、重度になるとアキレス腱断裂を起こしてしまい、手術及びギプス固定が必要となる場合があります。

一般的な治療

下腿筋の緊張をとり、足部の筋から下肢帯筋全体をほぐすマッサージやストレッチング、電気治療などが行われ、アキレス腱患部自体にはアイシングとテーピング固定をしたうえで、運動の制限か休止を指導されます。それでも予後が悪い場合は局所麻酔、鎮痛剤の注射、腱断裂の場合は手術し、ギプスにより固定などが行われますが、元の状態まで完全に治るのは難しいようです。

当院の見解と取り組み

アキレス腱炎をおこす原因はやはり下腿三頭筋が「固いから」ということになるのですが、「固いからほぐす」だけでは再び競技を始めたらアキレス腱に痛みが再発するはずです。

当院では、下腿三頭筋が「なぜ固くなる必要があったのか」を考えてその原因になるもの、例えば足部や踵の動きが悪いからなのか、運動軸がずれていてアライメントに異常があるからなのか、股関節の固さやハムストリングスの固さが影響しているのかなど…様々な原因を追求し、その全ての原因を根本から修正するように施術していきます。


肩痛 肘痛(上腕骨外側上顆炎) 手首痛(腱鞘炎・疲労骨折) 足底腱膜炎
足首痛(捻挫) ふくらはぎ痛(肉離れ) 膝(靭帯損傷) 腰痛(椎間板ヘルニア)