施術の流れ

1、問診

症状の発症から受診までの経過、過去の病歴、
他の医療機関で受診中の疾患などについて詳しく問診します。

問診
↓
2、検査

神経学的検査法及び整形外科的検査法の中より必要な検査を選らんで、症状の確認や禁忌症の鑑別を行います。
(禁忌症の場合は他の専門機関に紹介)

↓
3、症状の評価(主観的評価)

最も症状が強くなる、もしくは 軽くなる姿勢や動作を確認することで症状の発生のメカニズムを考察します。

症状の評価
↓
4、バランスの評価(客観的評価)

可動域の測定、筋力検査、歩行の観察等により身体の機能不全を起こしている部位を見つけ出します。

↓
5、施術方針の決定

①~④のデータを分析する事で、施術の優先順位、最適な施術法を決定します。

↓
6、施術

皮膚、筋膜、筋肉、靭帯、関節包等の 構造系の障害、血液、リンパ等の循環不良、神経の伝達不良、経絡の異常などの施術の目的により、様々なテクニックを使い分けます。

施術
↓
7、再評価

施術方針が正しいか、用いられた施術法が有効かを、 ①~④を再評価する事により確認します。再評価の結果が思わしくない場合は、検査や評価法の見直しを行い、もう一度施術方針を立てます。

↓
8、説明・指導

症状に対する当院の考え方と当日行った施術内容、今後の施術スケジュールなどを説明します。また、生活面での注意事項や、栄養、トレーニングなど必要に応じて指導します。

説明