当院の方針

Walking&Manual Medicine(ウォーキング&マニュアル・メディスン)

 ナチュラルキュアでは、体の歪みを生み出す運動パターンを分析し、手技療法(マニュアル・メディスン)、鍼灸、運動指導、栄養指導などを行うことで、正常な運動パターンに修正するところまでを通常の施術のプロセスとしています。
 その結果、患者さん自身が歪みの出来るメカニズムとその修正法を理解することが出来るだけでなく、自己管理することが出来る状態まで改善することが出来ます。

ウォーキング

waiting1 間違った生活習慣や運動不足、不適切な健康法などからバランスが崩れた形での筋肉の弱化および短縮、間接可動性の減少などが起こり、人間特有の二足歩行パターンが正常に行えないようになります。(靴やソックスも影響します)
 このような状態で行われるスポーツやトレーニングは、間違えた使い方を強化することになり、スポーツ障害やトレーニング障害の原因になっていきます。
 日常生活の中で発症する痛み、重だるさ、引きつり感、しびれなど様々な不快感、不定愁訴はこの二足歩行パターンの崩れた状態により生じる歪みのストレスを、他の部分で補正しきれなくなったときに表面化したものです。
 この二足歩行パターンを正常化せずに、表面的な施術(マッサージや温熱、電気、薬物などによる一時的な症状の緩和)を行うだけでは根本的な解決にはならず、長期的に見れば症状は徐々に悪化していきます。
 ナチュラルキュアでは、あらゆる痛みや不定愁訴を持つすべての患者様に、この二足歩行のパターンの正常化のプログラムを行うことを基本コンセプトにしております。

マニュアル・メディスン

waiting1  近年、現代西洋医学における薬物・手術療法に代わるものとして、患者さんの身体に優しいといわれる代替医療が、世界的に新しい医学の潮流となりつつあります。
 代替医療とは、具体的には東洋医学(ハリ・灸・漢方) インド医学 ビタミン療法 ハーブ療法 アロマセラピー 免疫療法 精神・心理療法 各種手技療法など、通常の医学校や病院では実践していない医学・医療のことであり、時代のニーズにこたえる形で作用機構や有効性が科学的に証明されているものが急増しています。
  代替医療の中でも特に手技療法に関しては、比較的早い時期からその効果が注目され、諸外国では専門的に教育するための大学なども多く存在しています。
これらの手技療法には様々なテクニックや流派が存在し、お互いに競い合うなかで発展してきましたが、近年それぞれのテクニックの理論やメカニズムが解析されることで、良いところを統合して臨床で用いる事が出来るようになりました。このような、各種手技療法の統合的な治療体系を、マニュアル・メディスンと呼んでいます。